アスリートは試合に向けて、トップパフォーマンスが出せるよう心技体のコンディションをつくっていいます。

では働くひとはいつが試合なのでしょうか?
それは“毎日”です。

その毎日のコンディションを整えることで、仕事のモチベーションやパフォーマンスを高いレベルで発揮することが求められています。

毎日が試合であり、いかに“普通”を維持するのか、その“普通”のレベルを少しずつ上げていくことが、企業で働くヒトの日常に求められているのです。

ビジネスパーソンに必要なコンディションの3要素は「ココロ・カラダ・アタマ」を日常的に良い状態、“普通”することです。

そのために「栄養・休養・運動」というライフスタイルをコントロールし、常に良いコンディションで活き活きと仕事にあたり生産性を上げることをワークコンディショニング®と呼んでいます。