運動不足を自覚しつつも、なかなかやる気が起こらないという人は多いのではないでしょうか。

スポーツ庁から「令和3年度体力・運動能力調査」が発表されました。
第1期スポーツ基本計画が策定された平成24年と比較して、令和3年は、全体的としては横ばい、もしくは上昇傾向がみられます。世代・性別で見てみると、40~54歳の女性は、横ばいもしくは下降傾向がみられ、特に40歳代前半の女性は平成24年から下降を続けています。

仕事もプライベートもいそがしい世代であり、なかなか自分が運動するための時間をつくることは難しいかもしれません。運動不足は肥満や生活習慣病を招くほか、仕事の効率が落ちたり、精神疾患のリスクを高めることがわかっています。

そこでおすすめしたいのが、ワークコンディショニング テイップスのホームページで紹介している4分20秒の「テレワーク体操」です。
その名の通り、テレワーカーのためにつくられた究極のスッキリ体操。たった4分20秒ですが、14種類もの動きが入っています。

「テレワーク体操」には、効果的な3つのポイントがあります。それが、「血行促進」「頭をスッキリさせる呼吸」「やる気スイッチ」です。

血行促進

血行促進に効果的なのが、テレワーク体操の「ウキウキウォーク」。

使っている関節が多く、大きく動かしているのが特徴です。筋肉を伸縮させることにより、血行がよくなっていきます。

実は、血行促進は、疲労の回復と関係があります。

身体にたまった老廃物や疲労物質は、血液に乗って移動し、汗や尿になって排出されます。つまり、老廃物の代謝を高めることが疲労回復につながっていくのです。

なかなか疲れが取れないときは、血行促進、血流促進を意識しましょう。

頭をスッキリさせる呼吸

パソコンを長時間使い続けると熱くなってしまい、動作が悪くなることがありませんか?人間の頭も同じで、長い時間使い続けることにより、熱を持ってしまい、動きが悪くなることがあります。

そこで頭を冷やし、スッキリしたいときに効果的なのが「空手スローストレッチ」です。 ポイントは、鼻で呼吸をすること。鼻から息を吸い込むと、鼻腔に酸素が入ります。鼻腔は脳のすぐそばにあるため、冷たい酸素が入ることで、物理的に脳のクールダウンができるのです。

やる気スイッチ

やる気スイッチが入る体操は、「飛んでけコンドル」と「南国ゴルフからのハンマーど~ん!」になります。

一人でやってると「ちょっと恥ずかしい」と思ってしまう動きですね。実は、これも大切なポイントになっています。そういうとき、つい顔が「ニヤッ」としてしまいませんか?笑顔をつくると抗ストレスホルモンであるセロトニン(=幸せホルモン)が分泌されます。気持ちがハッピーになることで自律神経が整っていくのです。

さらに最後の決めポーズも、やる気スイッチに効果的です。ガッツポーズをするためには、姿勢をよくして、力を入れることが必要です。姿勢をよくするための背骨についている筋肉を刺激することで、セロトニンが誘発されます。

運動をする時間が取れない方も、なかなか運動を始めるきっかけがつかめないという方も、まずは、仕事の合間に4分20秒の「テレワーク体操」に挑戦してみませんか?

テレワーク体操


ワークコンディショニング ティップスでは、このテレワーク体操を活用したオンライン・オフラインのレッスンはもちろんのこと、企業様向けに各職業に適したオリジナル体操の制作も承ります。
お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。